プロ野球におけるプレーオフの歴史。パ・リーグには幻の制度があった

ペナントレースも残すところあとわずかとなり、いよいよ日本のプロ野球もポストシーズンに突入する。2004年にパ・リーグがプレーオフ制度を実施し、2007年からセ・リーグも追随。以来、クライマックス・シリーズ(CS)として定着するようになった。  当初は「長いレギュラーシーズンの重みはどうなるんだ」という批判もありながら、シーズン終盤の消化試合を減らし、観客動員にも大きく貢献したことで、ファンからも好意的に受け入れられてきた。 2010年にシーズン3位ながらCSを勝ち上がり、日本一を達成したロッテ しかし近年、とくにセ・リーグで広島が独走態勢で優勝する一方で、勝率5割を切るチームがCSに出場するなど、その制度のあり方について批判的な意見が多く聞かれるようになってきた。  賛否両論あるが、ここで日本プロ野球におけるプレーオフの歴史を振り返ってみたい。  パ・リーグは1973年から10年間、人気低下に苦しんでいた時期に苦肉の策として「前・後期制度」を採用した。シーズンを前期と後期の2回にわけ、それぞれ優勝を決めるというもの。そして前期と後期の優勝チームが違う場合は、5試合制の優勝決定戦(先に3勝したチームが勝利)が開催された。  この制度となった最初のシーズン、プレーオフに出場したのは前期優勝の南海(現・ソフトバンク)と後期優勝の阪急(現・オリックス)だった。  前期を制した南海は、手を抜いたわけではないだろうが、後期はシーズン3位に沈み、しかも阪急には12敗1分と1勝もできなかった。しかし、これは当時プレーイングマネージャーだった野村克也に言わせると、阪急相手への「死んだふり」だそうで、後期優勝で勢いのある阪急圧倒的優位の下馬評を覆し、プレーオフを3勝2敗で勝ち抜き優勝を飾った。  この年の年間勝率は、後期をぶっちぎりで制した阪急がリーグ唯一の勝率6割超えで1位、2位は前後期とも2位のロッテで、南海は3位だった。ちなみに、前・後期制を採用していた10年間で、年間勝率2位以下のチームがリーグ優勝を遂げたのは、じつはこの年の南海のみで、あとは順当に年間勝率1位のチームが優勝を果たしている。  この前・後期制によるプレーオフは、興行的には当時パ・リーグのレギュラーシーズンではほとんどなかった”大入り”が多く、その点ではそれなりの成功を収めた。  ただ、消化試合を減らすという点においては、シーズンの盛り上がりが2度あるものの、優勝が決まってしまえばその後は消化試合となるわけで、大きな解決策とはならなかった。  この制度に猛反発したのが、1982年に西武の監督に就任した広岡達朗だった。広岡は「手を抜こうと思えばいくらでも抜ける制度」と批判。彼に言わせれば、前期を優勝したチームはプレーオフに備え、後期シーズンは休養をとりながら試合ができるし、反対に前期シーズンを調整にあてて、後期シーズンに照準を合わせて戦うこともできるというのだ。  実際、そんな割り切り方をして戦う選手や首脳陣はほとんどいないと思うのだが、とにかく長いシーズンを全力で戦った上での最強チームが「日本選手権(広岡はこの言い方を好んで使う)に出場すべき」というのが持論だった。  広岡の主張が通ったわけでもないのだろうが、西武が中日を破り日本一に輝いた1982年限りで、前・後期制は廃止された。  それに伴い、当然プレーオフもなくなるはずだったが、その集客力の魅力にリーグ当局が勝てず、翌1983年からは130試合制のレギュラーシーズンのあと、ゲーム差が5以内の場合に限り、上限5試合までのプレーオフを行なうという”変則プレーオフ制度”を採用した。  これはアメリカのマイナーリーグの一部が採用していた制度で、たとえばシーズン終了時点で1位と2位のゲーム差が4.5の場合、2位チームが5連勝すればレギュラーシーズンとプレーオフを合わせた年間勝率が1位のチームを上回るので、2位チームが優勝となる。  この方式だと、年間勝率の低いチームが高いチームを差し置いて優勝という矛盾は起こらないが、プレーする側にしてみれば、たとえばマラソンのゴールテープを切ったあと、タイムが僅差なのでトラックをもう1周走って勝負しろと言われているようなもので、心情的には受け入れにくい。  結局、この制度が適用されたのは1985年までの3シーズンで、レギュラーシーズン1位となった西武(83年、85年)、阪急(84年)は、最後まで手綱を緩めることなく戦い、この理不尽なプレーオフ制度を戦うことなく、優勝を飾っている。  プレーオフ廃止後、それから約20年間はペナントレースを勝ち抜いたチームが、頂上決戦である日本シリーズに臨んだ。交流戦のないこの時代、日本シリーズはまさにリーグ同士のプライドがぶつかり合う場で、プロ野球シーズンの最後を飾るにふさわしいものだった。とくに1980年代半ばから1990年代前半にかけて、西武が黄金時代を築き”球界の盟主”に君臨。その圧倒的な戦いぶりは、秋の風物詩となった。  しかしその西武も、1990年代半ば以降、リーグ優勝はするものの、日本シリーズで勝てなくなり、黄金時代も終焉を迎えた。かつて「人気のセ、実力のパ」と言われた両リーグの関係も、2000年代に入り、3年連続でセ・リーグの後塵を拝するようになると、パ・リーグは存続の危機に立たされることになる。  2004年、その打開策として発表されたのが、レギュラーシーズンの上位3チームがプレーオフで優勝を争うというものだった。  シーズン2位と3位のチームが3戦制(先に2勝したチームが勝利)の「ファーストステージ」を戦い、その勝者が1位のチームと優勝を賭け、5戦制(先に3勝したチームが勝利)の「セカンドステージ」を争うというものだ。  これが発表された当初、セ・リーグ側、とくに巨人の総帥である渡邊恒雄は「シーズン3位のチームが日本シリーズに出てきたら、我が巨人軍は相手をしない」と激しく批判したが、このプレーオフ制度もあってパ・リーグが人気急上昇となると、2007年からはセ・リーグもポストシーズンを導入することになった。これが現在のCSである。  この制度をめぐっては、冒頭でも述べたように、近年、その是非を問う声が大きくなっている。昨年はセ・リーグをぶっちぎりで制覇した広島が、レギュラーシーズン3位の横浜DeNAにCSで敗れ、日本シリーズに進めなかった。  また、交流戦でのセ・リーグ球団の不振もあり、勝率5割に満たないチームがCSに出場するという事態も起きている。「日本一」を決めるはずのシリーズの存在意義が問われている。  実際、2004年以降のポストシーズンを振り返ると”下剋上”が多くみられる。  導入初年度のパ・リーグでは、シーズン2位の西武が1位のダイエー(現・ソフトバンク)をプレーオフで下して優勝を果たし、日本シリーズでも中日を破り日本一を達成した。  また翌年も、シーズン1位のソフトバンクが2位のロッテに敗れ、2年連続して涙を呑んだ。  このプレーオフ導入時も、レギュラーシーズン下位チームがリーグ優勝するという矛盾について検討され、レギュラーシーズンの重みを少しでもプレーオフに反映しようと、1位チームと2

関連記事

  1. 9月25日プロ野球ニュース プロ野球ハイライト 広島M1優勝なるか、、…

  2. 2月23日【巨人 vs ヤクルト】ハイライト vs ホームラン プロ…

  3. 野球のおもしろい話シリーズ!

  4. 2018/09/26 プロ野球ハイライト . 全試合結果

  5. 19.12.2017 プロ野球ニュース ⚾࿠…

  6. 【#プロ野球ニュース】21/10/14 板山、木浪の活躍で巨人に勝利&…

  7. 20180425【プロ野球】4/25 結果 巨人67年ぶり20得点快勝…

  8. 最新のプロ野球ニュースについて話す回 質問に答える回3