【#66岡田幸文】岡田幸文 最後の日

持ち味の俊足を生かした守備範囲の広さを武器としていた。
守備の上手さだけでなく、その動きの華麗さから、チームの勝敗を問わずに、度々ニュースなどでフィールディングの映像が取り上げられている。
投球前より打球のコースを予測し、落下地点をイメージしながら一歩目のスタートを切ることを心がけており、
抜けると思われた当たりを好捕するファインプレーを度々見せている。
なかでも圧巻といえるのが2011年6月15日の対巨人戦で、2回裏、5回裏、8回裏に抜けそうな打球を好捕するファインプレーを1試合で3回も見せた。
2011年には、外野手としてのNPB記録となるシーズン連続守備機会無失策359を樹立した。

関連記事

  1. 高校野球5時間の激闘 超ファインプレー 決着は?

  2. プロ野球 『2018 前半 セ リーグ ファインプレー集! 』 20…

  3. 侍ジャパン 【25連発!スーパープレー☆ファインプレー】2017年プロ…

  4. 土曜プレミアム・中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2018 20…

  5. 日職/陽岱鋼一軍復出 對阪神隊先發打7棒

  6. 【横浜DeNAベイスターズ】のファンの人は絶見❗ 2…

  7. 《2018公式戦》De倉本『たまらんショート守備』を一気に振り返る!!…

  8. 【カープ】18/6/12▽今日の永川さん▽菊池の好守備!▽ラジオ実…