野球ニュース – プロ野球選手を続々輩出…注目を浴びる『首都大学野球連盟』

野球ニュース – プロ野球選手を続々輩出…注目を浴びる『首都大学野球連盟』
https://www.youtube.com/channel/UCzt6…
西武入団を内諾し、握手を交わす松本航(日体大)と渡辺久信SD(西武)  ◆ 注目の日体大出身者  2月1日の春季キャンプ開幕が迫るなか、各選手が国内外で自主トレを行いながら身体を作っている。とくに新人選手はすべてが初めての経験ということもあり、手探りながらも必死にトレーニングに励んでいることだろう。  これまでの報道を見ると、新人選手では根尾昂(中日)や藤原恭大(ロッテ)、吉田輝星(日本ハム)といった甲子園のスターたちが中心となっている。しかし、即戦力としての活躍を期待される大卒・社会人出の選手たちも負けてはいない。  そのひとりが西武のドラフト1位ルーキー・松本航である。150キロ超えのストレートを武器とし、日体大のエースとして、そして大学日本代表としても活躍した右腕だ。すでにブルペンでも投球練習を行っており、春季キャンプは一軍スタートが決定している。このオフ、ポスティング制度を用いてMLB移籍を果たした菊池雄星(マリナーズ)の穴を埋める活躍が期待されている。  また、日体大で松本と同期だったロッテのドラフト2位・東妻勇輔もブルペン投球を開始しており、井口資仁監督も絶賛。キャンプ初日の2月1日に行われる予定となっている紅白戦で、いきなり実戦デビューという可能性もありそうだ。  さらに同じ日体大OBである大貫晋一(新日鉄住金鹿島/DeNA3位)もブルペン投球を行っており、こちらも開幕ローテーション入りを目指している。 ◆ 多くのプロ野球選手を輩出  松本、東妻、大貫の母校である日体大は、首都大学野球連盟に属している。神宮球場で試合を行う東京六大学連盟や東都大学野球連盟と比べると、どうしても知名度は劣る。試合会場もサーティーフォー相模原球場やバッティングパレス相石スタジアムひらつかといった馴染みの薄い場所となり、一般観戦することも簡単ではない。  しかし、かつては原辰徳(現巨人監督)をはじめ、最近でも菅野智之(巨人)や田中広輔(広島)らを輩出した東海大を筆頭にプロ野球選手のOBは多い。  とくに近年は帝京大から青柳晃洋(阪神)や西村天裕(日本ハム)、塩見泰隆(ヤクルト)。桜美林大からも佐々木千隼(ロッテ)らが続々とプロ入りを果たしている。そして松本と同じ西武のドラフト3位である山野辺翔も、社会人の三菱自動車岡崎を経由しているが、桜美林大のOBだ。  あまり注目度の高くない“知る人ぞ知る”リーグではあるが、これだけ多くのプロ野球選手を輩出しているという点は見逃せない。あとは彼らが活躍することでリーグ全体の注目度が高くなり、進学を希望する高校球児が増えていけば、自然とリーグのレベルも向上していくことだろう。  近年プロの世界で増えている“首都大学野球連盟出身者”に注目だ。 ▼ 首都大学野球連盟・所属大学 東海大 桜美林大 明星大 大東文化大 明治学院大 筑波大 帝京大 獨協大 城西大 足利大 日本体育大 武蔵大 東京経済大 玉川大 成城大

関連記事

  1. プロ野球ニュース 4月1日 ノムさんぼやき解説開幕!ノムさんセパ両リー…

  2. プロ野球ニュース ⚾️ 9月18日《広島優…

  3. <プロ野球>中日が乱戦制す 阪神投手陣踏ん張れず(毎日新聞)

  4. プロ野球選手「50m走5秒台ですwww」←これやめろ

  5. 巨人 坂本勇人が激白!1番打者は嫌だったー真相が驚愕【速報と裏話 プロ…

  6. プロ野球ニュース 5月5日 ⚾️ 読売ジ…

  7. スポーツ漫画に出てくる部活って選手層厚いとこないよな

  8. 1988年 プロ野球ニュース 燃えつきた31番 掛布雅之の15年