✅ コロナ禍において6月に開幕、再開したプロ野球やJリーグに続き、秋を迎えてアリーナ競技の新シーズンが次々とスタートした。屋外で行われるスポーツに比べ、屋内競技は… – 日刊スポーツ新聞社のニュース

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UC5fA0BrHTXDP-E4HQr7G6zg?sub_confirmation=1
✍  コロナ禍において6月に開幕、再開したプロ野球やJリーグに続き、秋を迎えてアリーナ競技の新シーズンが次々とスタートした。屋外で行われるスポーツに比べ、屋内競技はより感染リスクを招きやすいとも言われる。団体球技の各リーグはどのようなコロナ対策を講じているか。バスケットボールのBリーグ運営サイドや、バレーボールのVリーグでプレーする選手、ハンドボールの日本リーグ関係者に話を聞き、対策に迫った。有明アリーナ(2020年2月2日撮影)■Vリーグ 17日に開幕したバレーボールのVリーグでは、今季開催に当たり3つの方針を掲げ準備してきた。<1>入場者数を最大50%に制限<2>リモートマッチ(無観客試合)しかできない状況でも、可能な限り大会開催を優先<3>来場できない人たちのためにも映像配信を充実させる。 大会を成立させる上で鍵を握るのは、選手たちの体調管理。働きながらプレーする選手も少なくなく、関係者は職場に影響が出るのは避けるため、気を引き締めている。 男子1部大分三好ヴァイセアドラーに所属する選手21人中15人は、母体の「三好内科・循環器科医院」(大分市)で医療スタッフとして働く。看護師資格を持っている選手もおり、今や職場で欠かせない存在だ。看護助手を担う主将の米田亘希(26)は、コロナ禍で遠征が多くなるシーズン中は体のケアがより一層求められると気を配る。 普段の米田は人工透析科で週6日午前中勤務し、午後から競技に打ち込んでいる。職場ではお年寄りの患者と接することが多いため「コロナに感染したら、職場にもチームにも大きな影響が出る」。毎朝の検温で37度以上あった場合は、医院長に相談して自宅待機することになっている。医療スタッフとして働く大分主将の米田(チーム提供) シーズン中は勤務日数が週5日に減り、代わりに同僚の負担が増す。米田は「バレー部員が体調不良で欠けたら、勤務は回らなくなる。だからこそ迷惑はかけられません」と語気を強める。日頃からうがい、手洗い、不要な外出を避けた行動を心掛ける。 コロナ禍で迎えた今季のVリーグでは、男子2部と3部の計4チームが関係者の健康安全と業務への影響などを考慮して参加辞退した。苦渋の決断をしたあるチームの関係者は「遠征に行くようになったとき、自覚症状がないままウイルスを職場に運んでしまうようなことは絶対避けたかった」と理由を説明する。 これに …
💖 #東京五輪・パラリンピック300回連載, #コラム, #日刊スポーツ

関連記事

  1. 2018 12 12 プロ野球ニュース 広島カープ契約更改

  2. プロ野球 ニュース 2018年8月16日 ! プロ野球 2018

  3. プロ野球ニュース 3月30日 開幕戦 横浜DeNAベイスターズvsヤ…

  4. 【プロ野球】「俺なら根尾はセンター起用」落合のオレ流発言に中日・大島の…

  5. プロ野球ニュース 2月2日 阪神タイガース

  6. 【プロ野球】岩本勉に聞く 捕手の併用 ホームランテラスの是非 2018…

  7. プロで活躍できなかった甲子園歴代最強投手【野球】

  8. 5月16日プロ野球ニュース【巨人 vs 阪神】赤星憲広氏 二塁打3本!…