プロ野球ニュース 【宮城】柴田の新4番・村上太生輔中堅手3安打3打点!

プロ野球ニュース 【宮城】柴田の新4番・村上太生輔中堅手3安打3打点!
https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 ◆第103回全国高校野球選手権宮城大会▽3回戦 柴田9-2古川工(15日・石巻市民)
宮城3回戦では今春のセンバツに出場した柴田が、古川工に9―2で勝利。今大会から4番に座った村上太生輔(たいすけ)中堅手(3年)が、3回の同点打を含む4打数3安打3打点と活躍した。
柴田の新4番・村上のバットがチームに流れを引き寄せた。初回に2点を先制されたが、1点を返した直後の3回1死二塁から中堅手の頭上を越える同点の適時二塁打。村上は「後ろにもいい打者がいるので余裕を持って打席に入れた。先制されたけど気持ちを落とさず、平常心でいけた」と胸を張った。試合はその後、確実に加点して逆転勝ちし、村上は4打数3安打3打点の活躍。平塚誠監督も「3回に村上が打ってくれて、そこから雰囲気や流れが変わって攻めることや守ることができた」と評価した。
延長戦の末敗れた今春のセンバツや、8強入りした今春の県大会は5番を務めたが、今大会から打順が一つ上がった。指揮官は「上位に重きを置いた打順にした。(村上は)勝負強いところが持ち味で大事な場面で打ってくれる」と説明。この試合、3番・舟山昂我捕手(3年)と4番・村上はともに3安打で打点も挙げ、新打順は機能している。
4番について村上は「自分のやるべきことをやっていこうと思っている」と、気負わずプレーすると言い切った。3―4で敗れた今春県大会準々決勝・仙台一戦では「打たなきゃ、と思いすぎて崩れた」と最後の打者になり、平常心の重要さを痛感。試合だけでなく練習時から、コンスタントに力を出そうと意識してきた成果が出てきた形だ。「優勝して甲子園に行けるように一歩一歩やっていきたい」と春夏連続出場を見据える村上が、仙台西との4回戦(18日)も4番の働きをみせる。(有吉 広紀)
〇…柴田の記録員を務める長山聖マネジャー(3年)が、今大会からユニホームを着てベンチ入りしている。以前から「ユニホームを着たいです!」と話していたことを聞いた平塚監督が、今大会開幕前にサプライズでプレゼント。初戦の2回戦から着用し、ベンチから指示を送っている。“21人目の選手”として、選手と同じ姿でともに戦う。

関連記事

  1. プロ野球ニュース 4月10日 広島東洋カープvs阪神タイガース 得…

  2. 野球のハイライト プロ野球ニュース 大谷翔平 #short#mlb58…

  3. 2018/10/15 プロ野球セパ・1勝1敗で決着は第3戦へ .『菅野…

  4. 2019年 セパ順位予想

  5. 阪神タイガース |5月5日 村上隆行解説『ロサリオよ空振りを恐れずフル…

  6. 2018/10/11 プロ野球ニュース・きょうの熱盛・プロ野球ハイラ…

  7. 剛力彩芽との関係で話題になっているZOZO TOWN前澤社長がプロ野球…

  8. 3月6日 プロ野球ニュース 大谷翔平2番DH出場!! イチロー6年ぶ…