プロ野球ニュース 【高校野球】サイクル安打かけた打席直前でコールド勝ち 「少し残念」でも最優先する“夏の勝利”

プロ野球ニュース 【高校野球】サイクル安打かけた打席直前でコールド勝ち 「少し残念」でも最優先する“夏の勝利”
https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 ■盛岡大付・金子京介、2ラン→適時三塁打→中前適時打→四球→7回コールド
残すは、二塁打。「正直、意識はしていました」。盛岡大付の5番・金子京介内野手(3年)が、サイクル安打がかかった第5打席に備えてネクストバッターズサークルで集中力を高めていた矢先だった。打席に入っていた4番の小針遼梧外野手(3年)が右越え適時打。11-4で7回コールド勝ちが成立し、打席は回って来なかった。【川村虎大】
「少し残念です」。笑いながら、本音がのぞく。ただ、仲間たちとの夏が続くことが最優先には違いない。15日に岩手県営球場で行われた全国高校野球選手権・岩手大会の2回戦。「調子は良かった。打ち勝つことができてよかった」。盛岡工を相手に、バットでチームを牽引した。
初回2死一塁で迎えた第1打席で、左翼席に高校通算52本目となる2ラン。3回2死二塁の場面では、左中間を破る適時三塁打を放った。4回1死満塁の第3打席では、しぶとく中前への2点適時打。リーチがかかった6回の第4打席は死球で、全打席出塁。ことごとくチャンスで快音を奏でて3安打5打点。“打の主役”を担い、大勝を導いた。

盛岡大付・金子京介【写真:川村虎大】
■昨秋の東北大会で山形・羽黒に7-10で敗戦、金子は最後の打者だった
金子には、忘れられない悔しさがある。昨秋の東北大会2回戦の羽黒(山形)戦。4-10の6点ビハインドから9回に3点差まで迫ったが、反撃及ばずに敗れた。その試合を終わらせた打者が、金子だった。
「チャンスで打てなかった。自分が最後の打者だったので、悔しかったです。それからは、チャンスで打てるような打者を目指してきました」
昨冬はウエートトレーニングで体を鍛えながら、打撃を見つめ直した。「バットを前に出すように」という意識で、溜めを作るフォームに改良。実を結んだ“猛打ショー”の活躍に、関口清治監督は「うちらしい打撃をしていた」と褒め称えた。
中学生のころに盛岡大付の打撃に憧れ、東京・多摩市から進学してから3度目の夏。「1試合、1試合、相手は手強くなっていきますが、チャンスで打ってチームに貢献していきたい」。記録より、勝利。クールな表情とは裏腹に、胸には熱い闘志を秘めている。(川村虎大 / Kodai Kawamura)

関連記事

  1. 開幕から熱戦が続くプロ野球。ペナントレースを勝ち抜くために欠かせないの…

  2. 楽天 vs ロッテ プロ野球 2018/07/17

  3. プロ野球伝説2018 ありがとう鉄人

  4. 【中日✖︎ヤクルト】また神宮で負け…継投裏目に…【プロ野…

  5. 181004(木) プロ野球ニュース・今日のプロ野球結果・プロ野球ハイ…

  6. プロ野球ニュース 180423

  7. プロ野球ニュース 今日のプロ野球結果 プロ野球 2018/12…

  8. 巨人 次期監督!松井か阿部濃厚。原監督がポロリ告白の真相が驚愕【速報と…