プロ野球ニュース 大谷翔平34号 後半戦初アーチ、26打席ぶり一発にファン安ど&興奮「一安心」「次元が違い過ぎる!」

プロ野球ニュース 大谷翔平34号 後半戦初アーチ、26打席ぶり一発にファン安ど&興奮「一安心」「次元が違い過ぎる!」
https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 ◇ア・リーグ エンゼルス4―7マリナーズ(2021年7月18日 アナハイム)
エンゼルスの大谷翔平投手(27)は18日(日本時間19日)、本拠地アナハイムでのマリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第5打席に後半戦初本塁打となる34号2ランを放った。この日は3打数2安打2打点、2四球で打率は・277となった。チームは4―7で敗れ、勝率5割に逆戻りした。
9回2死三塁の第5打席、2ボール2ストライクからリリーフ右腕セワルドの内角低めのスライダーをすくい上げ、右中間に34号2ラン。打球速度は107マイル(約172キロ)、飛距離は419フィート(約127メートル)で打球角度は25度。9日(同10日)のマリナーズ戦以来、オールスターゲームを挟んで5試合ぶりのアーチで、本塁打王争いでは、この日に31号を放ったブルージェイズ・ゲレロと3本差となった。11日(同12日)のマリナーズ戦以来今季26度目のマルチ安打も記録した。
ようやく出た後半戦初アーチに、インターネット上では「一安心しました」「34号きたー!最後まで観てて良かった」「もしかしたら後半戦は一本も打てないんじゃないかとまで心配していた自分の弱気な気持ちを一気に吹き晴らしてくれた」と安どの声が聞かれ、「やはり大谷選手は次元が違い過ぎる!」「オールスターで疲れてると思うけど、さすがの一発」「スランプ説まで出始めてましたけどそんなことは全くなかった」など称賛の声があふれた。

関連記事

  1. 元巨人 クロマティー「日本のプロ野球はレベルダウン」!発言の真相が驚愕…

  2. 三重県出身のプロ野球選手、沢村栄治しか思い浮かばない

  3. 180403(火)予測不能の大接戦! 巨人の優勝全然ある むしろ一番あ…

  4. 阪神vsDeNA 19回戦 – ハイライト プロ野球 20…

  5. 阪神タイガース |3月10日 星野仙一追悼試合 星野監督特集  | プ…

  6. プロ野球トップ 『今日のハイライト』 12月10日

  7. 2018/10/19 プロ野球ニュース . さな巨人幻の一発に泣く .…

  8. 【プロ野球】2018年8月23日 ニュースウォッチ9