プロ野球ニュース ソフトB・甲斐野 千賀の助言でフォーム改良し球速アップ!昨年12月の右肘手術から“完全復活”へ

プロ野球ニュース ソフトB・甲斐野 千賀の助言でフォーム改良し球速アップ!昨年12月の右肘手術から“完全復活”へ
https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 昨年12月に右肘を手術したソフトバンクの甲斐野央投手(24)が18日、筑後のファーム施設で1、2軍合同練習に参加し再起を誓った。千賀滉大投手(28)から助言を受けた新フォームで、平均球速も3キロアップ。最速158キロは以前と同じ数値だが、コンスタントに出るようになった。前半戦最終戦の14日楽天戦では2年ぶりに1軍昇格。1年目の19年には65試合に登板した剛腕。4位に低迷するチームには、この男の力が必要だ。
もう心配ないだろう。完全復活は秒読み段階だ。甲斐野がブルペンで70球。充実感漂う表情で報道陣の取材に応じた。
「(今までは)使うべきところを使わずに投げていた。シンプルなフォーム。左手をうまく使った方が良いという意見があるが、自分は自分で取り組んできた」
テークバックが0に近い独特のフォームになった。以前は投げるたびに右肘が痛んでいたが、体重を体の中心に置くことで、負担が激減した。
きっかけは千賀のアドバイスだ。昨年12月に右肘を手術し、約半年のリハビリ期間を過ごしていた。モチベーションが上がらず、悩んでいた時だった。4月6日に左足首のじん帯損傷でリハビリ組に移管したエースから、フォームの改良を促された。
「まずは痛みなく投げることが1番の狙い。やらな無理だ」と即決だ。「あの人に変えてもらった。下がっている時だったので千賀さん、さまさま」と感謝した。
効果はすぐに現れた。平均球速は3キロアップし、155~156キロになった。「良い方向に出てくれた。157、158はコンスタントに出て、反動もない」。14日には2年ぶりに1軍合流を果たした。登板こそなかったが、「懐かしかった」と本拠地の雰囲気を思い出した。
「後半戦が勝負だと思っているので、チーム内でも負けないようにやっていきたい」。生まれ変わった甲斐野が強くなって帰ってくる。(福井 亮太)

関連記事

  1. プロ野球ニュース 2018年8月2日

  2. 中居正広「何時間でも話していられる!」“プロ野球最強助っ人外国人ランキ…

  3. 【プロ野球】岩本勉が大谷翔平の故障などを語る 20180610

  4. 【プロ野球】ドラフト1位根尾昂に迫る

  5. 2018年7月2日(月)プロ野球 ハイライト

  6. プロ野球ニュース 010819 ヤクルト中村悠平3年契約「すぐにハンコ…

  7. プロ野球巨人のメルセデス、驚異の制球力でわずか2時間23分でDeNAを…

  8. 【野球】ハム清宮、特大5号3ラン! 「流れを変えたい」笑顔で“キヨダン…