プロ野球ニュース 鳥羽 戦術駆使して8強進出 松下監督「自信になるでしょう」

プロ野球ニュース 鳥羽 戦術駆使して8強進出 松下監督「自信になるでしょう」
https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 ◇京都大会 4回戦 鳥羽3―1福知山成美(2021年7月20日 わかさ京都)
勝負強さを発揮した。適時打はなく、安打数は相手を下回る6安打。それでも3点を奪い、逃げ切った。松下浩司監督(38)は「生徒達はこういう試合を乗り越えたことで自信になるでしょう」と目を細めた。
2回無死一塁、8番・薮田紘平(3年)が三塁前にバント。一走の岸田悠吾主将(3年)は無人となった三塁を一気に陥れた。次打者・中嶋龍太郎(2年)のセーフティースクイズで先制。1―1の3回には無死一、二塁から4番・若杉優杜(3年)が確実に犠打を決め、1死満塁からスクイズで勝ち越した。7回にも相手の守備の乱れにつけ込み、無安打で加点するなど効率よく加点。主将は「自分たちはスキがあったら次の塁を狙っていくスタイル」と胸を張った。6犠打と高い走塁意識が勝利の原動力。毎大会前に行う約40分間のバント特訓も生きた。
普段着野球はビッグプレーが発端だった。初回2死一、三塁、右翼手・宮本隼(3年)がライナー性の打球をダイビングキャッチ。失点を阻止すると、2―1の5回無死一塁では右前打をダッシュ良くさばき、三塁へのノーバウンド送球で一走をアウトにした。指揮官は「本来なら、セオリーとは違うし、あの場面もノーバウンドで投げるべきではない」としながらも「彼のアグレッシブな姿勢。勝負どころと踏んで、勝負しに行ったことに救われたかなと思う」と称えた。
「1番・投手」で先発した左腕・作本成央(3年)が1失点完投。主将は「投手中心に粘って、しのいで、走塁にバントを絡めて後半勝負するのが、自分たちの野球」と言う。投打、そして走攻守がガッチリとかみ合って、3年ぶりの8強進出を決めた。

関連記事

  1. プロ野球三大最強セットアッパー「浅尾拓也」「山口鉄也」あと一人は???…

  2. 2018年5月8日 プロ 野球 !! エンゼルス大谷は要注意 死球に…

  3. 2018最後の阪神VS巨人「伝統の一戦」のスタメンオーダーをご覧くださ…

  4. 5/2/2018大谷、4試合連続安打をマーク「一打席一打席いい入りでき…

  5. 「プロ野球選手の妻」特集出演の谷亮子に批判殺到した理由

  6. DeNA vs. 巨人 – ハイライト プロ野球ニュース …

  7. 【プロ野球】巨人・菅野智之、今季初完投でリベンジ

  8. プロ野球ニュース ⚾️ 9月20日 プロ野…