プロ野球ニュース ソフト日本代表、米国にサヨナラ負け 悲願の金メダルかけ決勝でリベンジ目指す

プロ野球ニュース ソフト日本代表、米国にサヨナラ負け 悲願の金メダルかけ決勝でリベンジ目指す
https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 ■27日の決勝はこの日対戦した米国と再び対戦
■アメリカ 2ー1 日本(26日・1次リーグ・横浜)
東京五輪のソフトボール日本代表は26日、横浜スタジアムでグループリーグ最終戦のアメリカ戦を戦い、1-2でサヨナラ負けを喫した。先発した藤田倭が6回途中までノーヒットに封じる好投を見せたものの、同点に追いつかれた7回にサヨナラ弾を浴びた。日本は4勝1敗でグループリーグ2位に。再び米国と顔を合わせる27日の決勝で宿敵にリベンジを果たし、悲願の金メダルを目指す。
日本は初回、先頭の山崎早紀が三塁手のエラーで出塁。市川侑果の犠打、川畑瞳の左前安打で1死一、三塁とすると、相手バッテリーのパスボールで1点を先制。欲しかった先制点を手にした。
この日の先発は今大会3本塁打を放っている“二刀流”の藤田。右腕は序盤から強力な米国打線をねじ伏せ、6回途中まで無安打ピッチング。守備陣も再三の好守で藤田を盛り立てた。だが、6回1死からマクレニー、リードに連打を浴びると、2死一、三塁から4番のアリオトに左前適時打を許して、試合を振り出しに戻された。
7回もマウンドに上がった藤田だったが、先頭のスチュアートに右越えのサヨナラ弾を被弾。痛恨の一発を浴びてサヨナラ負けを喫した。
25日のカナダ戦に勝ち、グループリーグでの戦績を4勝0敗としていた日本代表。グループリーグ2位以上を確定させ、27日のアメリカとの決勝進出と銀メダル以上を決めていた。(Full-Count編集部)

関連記事

  1. 【プロ野球】2018年7月11日 NEWS ZERO

  2. 2018/9/19 巨人 vs. DeNA -Highlights |…

  3. 4月21日 プロ野球 全試合ダイジェスト(柳田選手サイクルヒット)&中…

  4. プロ野球巨人がドラフト会議の1位指名を公表!原監督「俺がクジを引く!」…

  5. プロ野球ニュース1994西武優勝

  6. 巨人 菅野投手!重症っぽい真相が驚愕、、、優勝は無理かもーーー【速報と…

  7. プロ野球史上最もエースだったエース 【野球】

  8. 日本プロ野球の未来 堀江貴文 ホリエモン 2018/11/07