プロ野球ニュース 【高校野球】プロ注目の天理・達孝太はなぜ敗れたのか 自身が分析する「冷静になれなかった」理由

プロ野球ニュース 【高校野球】プロ注目の天理・達孝太はなぜ敗れたのか 自身が分析する「冷静になれなかった」理由
https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 ■和歌山決勝では同じくドラ1候補の市和歌山・小園も敗戦
目に涙はない。今秋のドラフト1位候補、天理の達孝太投手(3年)は、敗戦後、淡々と振り返った。全国高校野球選手権奈良大会は準決勝2試合が行われ、今春の選抜に出場した天理が6-7でDeNA・三浦大輔監督の母校として知られる高田商に逆転サヨナラ負け。最速148キロ右腕が春夏連続の甲子園を逃した理由を冷静に分析した。
準決勝はベンチスタート。達の出番がやってきたのは、想定よりも少し早かった。先発・森田雄斗投手(3年)が4回まで毎回安打を許す4失点。5回表に味方打線の三連打で同点としたその裏、193センチの右腕がマウンドへ向かった。
やっと追いついた。流れを引き寄せる投球をしたかったが、「5回は少し力んでしまってボールが浮いていた。自分の思い通りの球が投げられなかった」と二連打を浴びて、勝ち越しを許した。天理・中村良二監督は「良い状態が出来上がっていないのに急がせてしまったかも」と労ったが、達は「それは全くないです」とはっきりと否定した。
その後は徐々に低めにボールを集め、8回まで毎回の6奪三振。9回には主将の内山陽斗外野手の右翼への2点適時二塁打で逆転。春夏連続の甲子園へ、あとアウト3つをとるだけだった。
9回裏。先頭の代打・野田櫂選手(2年)を空振り三振に切ってとる。あとアウト2つ。しかし、続く1番・東口虎雅外野手(1年)の遊ゴロを味方が失策。同点のランナーを背負うと、球場には高田商の学校関係者が叩くメガホンの音がより一層大きく響いた。
ここで達は野球人生初の経験をする。「今まで味わったことのない気持ちというか。これまでなら気持ちをコントロールできていたけど、頭が冷静じゃなかったです」。最後の夏の甲子園がかかった大一番。気持ちの動揺は達のコントロールをも狂わせた。
■甲子園への夢が絶たれた達の次の夢は…?
2番・津田侑輝主将(3年)に投じた直球は「少し甘く入った」。捉えられた打球は前進守備の中堅手の頭上を超えていった。「試合も、高校野球も終わった……」。中継プレーが乱れる間に打った津田も生還。逆転サヨナラ負けとなった。
「森田と達の2人で10本(打たれた)。相手がすごくよかった。打たれたら仕方ない」と指揮官。達も「負けるときはそんなものなのかな」と、劇的な幕切れを冷静に受け止めた。試合後、「ストレートの球威、回転数すべてが前回より劣っていた」と自身の投球を振り返ったドラ1候補右腕。くしくもこの日、同じくドラフト1位候補の市和歌山・小園健太投手が智弁和歌山の前に屈し、涙を飲んだ。夏に勝つことの難しさを痛感したが、達の気持ちは「ここからが勝負かな」とすでに大きな夢に気持ちは向かっている。
ダルビッシュ有(パドレス)、バウアー(ドジャース)、シャーザー(ナショナルズ)と憧れの投手にMLBの3投手を挙げた18歳。「メジャーリーガーになってサイヤング賞を獲ります」。達孝太の挑戦はもう始まっている。(市川いずみ / Izumi Ichikawa)

市川いずみ(いちかわ・いずみ) 京都府出身のフリーアナウンサー、関西大学卒。元山口朝日放送アナウンサー時代には高校野球の実況も担当し、最優秀新人賞を受賞。NHKワースポ×MLBの土日キャスター。学生時代はソフトボールで全国大会出場の経歴を持つ。

関連記事

  1. ドラフト会議2017年1位~外れまで速報 プロ野球ニュース

  2. プロ野球ニュース 大谷翔平 ノーヒットも“足”で勝利に貢献!申告敬遠…

  3. 【プロ野球】広島はM7 頼れる3番丸らクリーンアップが仕事

  4. 2018/9/6 プロ野球ニュース・今日のプロ野球結果・プロ野球ハイラ…

  5. こいつもっとホームラン打てるだろって野球選手

  6. 180831金 プロ野球ニュース・全試合結果・きょうの熱盛・プロ野球ハ…

  7. 収穫多いデビュー戦=清宮、初安打に2三振-プロ野球・日本ハム

  8. 【プロ野球ニュース】 大谷翔平全打席ハイライトエンゼルスvsブルージェ…