プロ野球ニュース 元高校野球部マネだった人気女優 関水渚さんが明かす“野球愛”と忘れられない夏元高校野球部マネだった人気女優 関水渚さんが明かす“野球愛”と忘れられない夏

プロ野球ニュース 元高校野球部マネだった人気女優 関水渚さんが明かす“野球愛”と忘れられない夏
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

■主演ドラマも好調、始球式を務めた試合をスコアでチェック
野球ファンの間で話題を集めているテレビ東京系ドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」に出演している女優の関水渚さん。華やかだった始球式も印象に残った関水さんだが、高校時代は野球部マネジャーだったこともあり、野球のスコアをつけることもできる。そこで関水さんがスコア記入に挑戦! 高校時代の思い出や発見、憧れの高校球児、そして記録をつける楽しさについて語ってもらった。
◇◇◇◇◇
関水さんには、人生初の始球式のマウンドに上がった6月18日のDeNA-広島戦(東京ドーム)の試合記録をつけてもらった。スコアブックを手にすると「大丈夫かな」と不安そうな表情を浮かべた。スコアを書き始めた当初のことについて聞くと、「気がついたら書けるようになっていました。ちょっとずつ先輩から習いました」とペンをとり、すらすらとスターティングメンバーを書き込んでいった。
試合は初回、DeNAの先発・浜口遥大投手の前に、先頭の菊池涼介内野手が空振り三振に倒れた。空振り三振を示す「SO」を書き込むと、関水さんは「書けました!」とにっこり。その後も「汚い字にならないように」と丁寧に書き込んでいく。1イニングを無事に書き終わると「緊張しました」と一息ついてから、「同じマネジャーをやっていた友だちとベンチで話をしていて、打席の結果を見逃して焦った記憶があります。『やばい。今、何だった?』って」と“マネジャーあるある”な当時の思い出を明かしてくれた。
高校時代、同級生に誘われたことがきっかけでマネジャーを始めたと言う。同級生や先輩マネの数人で順番にスコアを書いていたそうだ。最初は「そもそも野球のルールをわかっていなかった」が、ルールやスコアの書き方を学んでいくうちにその楽しさに気付いた。「スコアを書いているときは、普通に応援しているときよりも冷静になれる気がします」。スコアを記入することで、新たな野球の楽しみ方も見つけることができたそうだ。

高校時代は野球部マネジャーを務めた経験も【写真:荒川祐史】
■人気上昇中の女優が注目する“地元”のプロ野球選手は…
神奈川県の高校に通っていた関水さんは、横浜スタジアムでの試合も経験した。マネジャーとして多くの試合を見届けてきた中で、いわゆる“強豪校”と言われるチームに共通するものを見つけたそうだ。
「相手が強い高校であればあるほど、同じ高校生とは思えないほどメンタルがすごい。持ち直し方というか、切り替え方ですね。自分のチームは一度、ダメになってしまったら、そのダメな空気がずっと流れてしまって、そこからみんな打てなくなってしまうことが多かったんです。切り替えがうまいと、やっぱり強いんだなと思いました」
そんな関水さんが当時から注目しているのが、関水さんの1学年下で、当時横浜高の主力選手だった増田珠内野手(ソフトバンク)だ。当時の横浜高は「衝撃的な強さでした」と言い、「同じ野球部の男の子と一緒に増田選手を応援していました。長崎出身で、遠い横浜にきて野球をやっているのもすごい!」と目を輝かせ、ひと夏の思い出を明かした。高校野球観戦については「最近は行けていなかったのですが、今年は野球にまつわるドラマをやらせていただいて、久しぶりに野球と関わることができたので見に行きたいです」と声を弾ませた。
最後に、関水さんがスコアを書いていて一番楽しいと感じる瞬間を聞くと、「ストライクを書き込んでいるとき」だと言う。「投手がストライクを多く投げると気持ちがいいです。私はストライクを白い〇、ボールを棒線で記入していたのですが、〇が多いとうれしかったです」とはにかんでいた。野球で一番好きなシーンは「ホームランです! テンションが上がります」という関水さん。人気急上昇中だけに、これからのホームラン級の活躍が楽しみだ。
〇関水渚(せきみず・なぎさ)
1998年6月5日、神奈川県生まれ。2017年に「アクエリアス」のCMでデビュー。2019年には映画「町田くんの世界」の主演の座をオーディションで射止め、第74回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞、第62回ブルーリボン賞新人賞などを受賞。テレビ東京系ドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」(毎週水・深夜1時10分~)で連続ドラマ初主演を務める、今人気急上昇中の若手女優。6月18日のDeNA-広島(東京ドーム)では始球式を行なった。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事

  1. 20180311 ズムサタ プロ野球熱ケツ情報472

  2. <プロ野球>つなぐ打撃奏功 ヤクルト・山田哲

  3. 阪神タイガース |4月18日 メッセンジャー好投 中日ドラゴンズ ゲー…

  4. 2018/12/16 プロ野球ニュース – 今日のプロ野球…

  5. プロ野球巨人の上原が膝の手術を決意!爆弾抱えてプレーしていた事を衝撃告…

  6. プロ野球ニュース(1991年)ダイエー対西武1回戦

  7. 野村克也と江本孟紀が2018年「開幕」プロ野球で激辛対談!- 最新ニュ…

  8. プロ野球死亡遊戯が初の小説書籍化 村田修一氏に共感する理由も明かす| …