プロ野球ニュース 敦賀気比・東監督 采配ミスを悔やむ「選手は難しい日程の中、精いっぱいの力をぶつけてくれました」

プロ野球ニュース 敦賀気比・東監督 采配ミスを悔やむ「選手は難しい日程の中、精いっぱいの力をぶつけてくれました」
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

◇第103回全国高校野球選手権 準々決勝 敦賀気比2-3京都国際(2021年8月26日 甲子園)
第103回全国高校野球選手権大会の第13日は26日、甲子園球場で準々決勝が行われ、3大会連続出場の敦賀気比(福井)は初出場の京都国際(京都)に9回サヨナラで2―3で敗れ、準決勝進出を逃した。
欲しかった先制点は手にした。8回、2つの死球でつくった1死一、二塁の好機に5番・前川が会心の左前適時打。なお1死二、三塁で6番・小西も右犠飛を放ち、リードを2点に広げた。しかし、直後に同点とされて試合は振り出しに。さらに9回、1死二塁のピンチで8番・松下に右前打を浴びると、右翼・沼田がボールをファンブル。2走・平野に生還を許し、無念のサヨナラ負けとなった。
東哲平監督は「私の采配ミスで選手を活気づけることができなかった」と唇をかんだ。「5回、ノーアウトのランナーを出して、フォアボールの出塁もあったが、ダブルプレーに終わってしまった。5回まで、1回を除いて全てチャンスがあったが、しっかりと得点圏にランナーを送ることができなかった」と悔やんだ。
それでも選手には拍手を送る。「天候不順で難しい日程の中、長いホテル暮らし。そんな中で選手たちは健康管理にしっかり務めてくれて、この試合に精いっぱいの力をぶつけてくれました。素晴らしいチームができましたし、選手たちを『お疲れさま。よくやった』と労いたいと思います」と心から称えた。
14年以来の4強はならなかったものの、北信越王者の底力は示した。素晴らしい聖地での戦いぶりだった。

関連記事

  1. 【野球】4大・2010年代の甲子園で衝撃的だった選手「今井達也」「中村…

  2. 2018/9/15 広島 vs. 中日 Highlights | プ…

  3. プロ野球 中日対DeNA ハイライト 7月11日

  4. プロ野球トップ 『今日のハイライト』 12月10日

  5. メッセのプロ野球ニュース#14 広島vs阪神 7月5日

  6. 2018/9/5 ヤクルト vs 中日 ハイライト | プロ野球ニュー…

  7. プロ野球超速報!2019シーズン終了後の出来事、、、真相が驚愕【速報と…

  8. 【2018年8月1日(水)】プロ野球ニュース