プロ野球ニュース 【甲子園】明徳義塾 9回に代木大和が勝ち越し本塁打もサヨナラ負け

プロ野球ニュース 【甲子園】明徳義塾 9回に代木大和が勝ち越し本塁打もサヨナラ負け
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

◆第103回全国高校野球選手権大会第13日 ▽準々決勝 智弁学園3×-2明徳義塾(26日・甲子園)
強打の智弁学園に8回まで1―1。明徳義塾・馬淵史郎監督(65)は「完全なウチのペース」と手応えを感じていた。9回、前日の松商学園戦で「完封&決勝弾」の離れ業を演じた代木大和が、先頭で右中間本塁打を放って勝ち越し。だがエースの疲労を考慮し、先発で好投を続けていた左サイドハンドの吉村優聖歩(ゆうせふ)がその裏に追いつかれ、なお無死満塁と絶体絶命の状況となった。
「吉村は1、2回戦で(救援して)無死三塁、無死満塁を抑えた。代木はブルペンで引っかかったようなボールを投げていたので、最後まで吉村でいきました」。だが5番・岡島光星の詰まった打球は右前に落ちた。
一塁のポジションから吉村を激励していた代木は「勝ちたかったんですけど悔いはないと思います」。今後は、プロ志望届の提出も視野に進路を検討する。代木以外は小柄で“ザ・高校野球”と称した名将は「パワーもスピードもないのに、センバツも夏も甲子園に来た。ご苦労さんと言いたいですね」とナインをねぎらった。(浜木 俊介)
■近畿雨らめし馬淵監督恨み節
近畿勢が4強を独占したことに対し、馬淵監督は第一の要因に雨による長期間の順延を挙げた。「地元の学校は、自分のところの雨天練習場でやれると思いますが、地方から来ている学校は、雨が降ったとき思うように練習会場を確保できません」。加えて「近畿の高校野球のレベルが高くなっている」と話し実力自体も認めていた。

関連記事

  1. 【プロ野球】西武、連夜のサヨナラ勝利 代打・森友哉が殊勲打

  2. 180919水 プロ野球ニュース・今日のプロ野球結果・プロ野球ハイライ…

  3. 2019/1/28 プロ野球ニュース. ギータ先生 生出演!上林からの…

  4. プロ野球ニュース 2018年9月5日 プロ野球ニュース 2018 …

  5. プロ野球ニュース 中日が3連勝 ヤクルト6連敗 . ソフトバンク連勝、…

  6. プロ野球 / 180311(日) 巨人復帰 上原浩治 ”旧友語る 苦…

  7. プロ野球ニュース ⚾️ 9月18日 広島…

  8. 2018/11/06 プロ野球ニュース – 今日のハイライ…