プロ野球ニュース 【オリックス】山本由伸がソフトバンクにシーズン2完封 マー君以来の快挙!

プロ野球ニュース 【オリックス】山本由伸がソフトバンクにシーズン2完封 マー君以来の快挙!
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

◆パ・リーグ オリックス2―0ソフトバンク(27日・京セラドーム)
オリックスは山本由伸投手が2試合連続完投勝利となる今季2度目、自身3度目の完封勝利。自身8連勝で、同僚の宮城に並ぶリーグトップの11勝目を挙げた。
106球の省エネでわずか4安打に封じ、9奪三振の快投。4月1日(京セラドーム)に続く、対ソフトバンクでシーズン2度の完封は2012年の田中将(楽天)以来の快挙だ。引き分けを挟んだチームの連敗を「2」で止めた山本は「4回くらいで球数が少ないのを確認して、このペースなら完封もあるかと思っていた。ここ2試合はテンポ良く、投げられた。チームがいい順位なので、チャレンジャーのつもりで必死にやっている。またここから、連勝が始まったらいいなと思う」と先を見据えた。中嶋監督は「ナイスピッチング。コントロール、キレ、全てが良かったと思う」と手放しで称賛した。
打線では「7番・左翼」で、今季2度目のスタメン出場となった西村が躍動した。両軍無得点の4回1死二、三塁から、マルティネスの初球を左中間へ決勝の2点適時二塁打。この試合までに今季3戦3敗、計19回をわずか1得点で、防御率0・47に封じ込まれていた“天敵撃ち”で仕事を果たした。西村は「本当に最高。何とか、つないでという気持ちだった。前半戦はチームに貢献できてなかったので、後半戦は何としても貢献したかった。ずっと良くないと、生き残っていけない。一喜一憂しないように、しっかりと結果を出し続けられる用にと思っている。あまり派手なプレーはできないが、自分のできるプレーを今後もやっていきたい」と引き締めた。初回から3イニング連続の併殺打で好機を逸していただけに、指揮官は「ダブルプレーが続いて、なかなかこういう展開もないなと思っていたが、本当によく打ってくれた。(カードの)頭を取って尻すぼみなところがあるので、明日から気を引き締めてやりたい」と連勝を期した。

関連記事

  1. 守備部門【2018年プロ野球100人分の1位】20181209 【1…

  2. 2018/11/13 プロ野球ニュース – 大谷翔平 &#…

  3. 【ボイスロイド実況】実況パワフルプロ野球2018ずん子の茶番マイライフ…

  4. 180708プロ野球ニュース~石井一久が巨人軍を語る

  5. 180904(火) プロ野球ニュース・全試合結果・きょうの熱盛・プロ野…

  6. 広島 1 x 0 巨人 180720 【1イニング】【プロ野球ニュース…

  7. プロ野球ニュース 【甲子園】近江0ー4から大阪桐蔭撃破 山口V打「野…

  8. 来季の巨人先発投手陣!予想以上に悲惨だった真相が驚愕【速報と裏話 プロ…