プロ野球ニュース 決勝進出両校の名誉監督・高嶋氏「夢。えらいことになった」うれしい嘆き

プロ野球ニュース 決勝進出両校の名誉監督・高嶋氏「夢。えらいことになった」うれしい嘆き
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

◇第103回全国高校野球選手権大会決勝 智弁和歌山ー智弁学園(2021年8月29日 甲子園)
第103回全国高校野球選手権大会は29日、大会史上初の決勝同門対決が行われる。智弁和歌山と智弁学園(奈良)の対戦は午後2時から行われる。
監督として智弁学園と智弁和歌山を甲子園に導き、現在は両校の名誉監督を務める高嶋仁氏(75)は「智弁対決」の決勝に「それが夢やったんですよ。現実となったので、えらいことになったなと思いました」と喜びをかみしめた。
72年に智弁学園の野球部監督に就任。春2度、夏1度の甲子園出場へ導いた。「自分がつくったチームが甲子園に行った。それが大きかった。これをやったら甲子園に行けるんやとね」と指導者としての礎を築いた。
80年に智弁和歌山へ移り、創部2年目の無名校を猛練習で鍛え上げ春12度、夏は23度出場を果たし強豪に育て上げた。02年夏の3回戦で智弁学園と初対決。智弁学園元理事長の藤田照清氏(故人)に「今年は奈良の智弁が強いですから。どうぞ奈良の方(応援席)に行ってください」と謙遜したが、内心は「負けるわけないだろ」と燃えていた。
智弁学園のエース右腕・田中曜平(3年)はスライダーを武器に初戦から2試合連続完封。高嶋氏は「スライダーを打つのは誰や、智弁和歌山の選手やろ」と選手を激励。発奮したナインは田中を打ち崩し、7―3で「智弁対決」を制した。
高嶋氏は歴代最多となる甲子園68勝を挙げ、18年に監督を退任。今大会は解説を務めている。智弁和歌山では孫・奨哉(3年)が三塁手ではつらつとプレー。石見智翠館との準々決勝では甲子園初アーチを放った。強豪を打ち倒し、対決を実現させた智弁和歌山・中谷仁監督、智弁学園・小坂将商監督の指揮に「それぞれに自分の持ち味を出してるように思います」と目を細める。
「どちらを(応援する)と言われると、理事長に怒られるから両方です」。名将はうれしい悩みに顔をほころばせた。(柳内 遼平)

関連記事

  1. プロ野球ニュース – 侍ジャパン選出 中日 笠原投手に密…

  2. 【金子千尋】日ハムに移籍した金子千尋vs古巣オリックスバファローズで対…

  3. プロ野球ニュース | 6月30日 プロ野球ニュース | スポーツニュー…

  4. 3月10日プロ野球ニュース【巨人・坂本】頼れる主将に快音が戻ってきた!…

  5. <プロ野球>くじ導入「財源の一つに」 実行委で議論(毎日新聞)

  6. 【プロ野球】巨人・メルセデスが初完投 「水分補給でパワー蓄えた」…

  7. 3番で復調の兆し=中田、CSへ決意-プロ野球・日本ハム:時事ドットコム…

  8. 【プロ野球ニュース】元DeNA・巨人村田修一さん 引退を示唆 去就につ…