プロ野球ニュース 【高校野球】決勝で敗れても「何ひとつ後悔はない」 智弁学園・前川の完全燃焼を叶えた“兄の叱咤”

プロ野球ニュース 【高校野球】決勝で敗れても「何ひとつ後悔はない」 智弁学園・前川の完全燃焼を叶えた“兄の叱咤”
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

■今春の選抜大会では準々決勝で4の0、試合後は涙に暮れた
涙に暮れた春の選抜から5か月。日本一には届かなくても、晴れやかな表情で夏を終えた。史上初の“智弁対決”となった第103回全国高校野球選手権の決勝。智弁学園(奈良)の主砲・前川右京外野手(3年)は3安打を放つも、2-9で智弁和歌山に及ばなかった。悔し涙を流すナインたちに寄り添い、声をかけ続けた試合後。会見に臨み、淀みない声で言い切った。
「やり残したことがない。何ひとつ後悔はないので、とてもいい高校生活を送れました」
初の悲願をかけた決戦は「1番・左翼」で先発出場。初回の第1打席で中前打、5回2死での第3打席では右前に運んだ。7回の第4打席にも右翼線への二塁打を放ち、3安打の固め打ち。勝利にこそ導けなかったが、横浜(神奈川)との2回戦以来となる1番起用にバットで応えた。
1年夏から4番も務め、チームの主軸を担ってきたが、今年3月の選抜大会では不甲斐なさだけが残った。準々決勝の明豊(大分)戦では、得点圏で打席が回ってきた3度とも凡退。チームも4-6で敗れ、試合が終わると同時に涙を流した。野球人生を振り返ってみても「あの時が1番苦しかった」。どん底にいた時、兄・夏輝さんの一言に救われた。
「お前が試合に出て苦しんでいるのは、全然大したことじゃない。試合に出れず、メンバーにも選ばれずに苦しんでいる人たちのことを考えて、もう1回野球に対する思いを変えて取り組め」
厳しい言葉に背筋が伸びる。「自分は苦しんでいる場合じゃないんだと。考えを変えて、野球に取り組むようになりました」。単なる主軸のひとりでなく、メンバー外の選手らの思いも背負って戦っていることを改めて自覚した。
■今大会は2本塁打7打点「ここまでこれたのもチームメートの協力があったから」
再び戻ってきた甲子園の舞台。春との違いは結果に表れた。2回戦の横浜戦では、バックスクリーンに飛び込む2ランを放つと、日本航空(山梨)との3回戦でも2戦連発となる右中間への2ラン。終わってみれば、打率.455、2本塁打、7打点の活躍。初の決勝進出に大きく貢献した。
自覚は、試合後の行動にも出た。この日の9回2死、ネクストバッターズサークルで待機していたが、代打・足立風馬内野手(3年)が三振に倒れ、打席が回ってくることはなかった。「前を向け」。自分があと1打席立てなかった悔しさを押し込め、うなだれる足立に声をかけた。整列後も、涙する仲間たちを励まし続ける。「ここまでこれたのもチームメートの協力があったから。チームが勝ちにつながるような行動を大事にしてきました」。最後の最後まで、思いを貫いた。
思い残すことなく、視線は次の舞台を向く。「プロの世界に行って活躍したい」。チームを背負ってきた強打者は、自らの夢を叶えにいく。(Full-Count編集部)

関連記事

  1. 【戦力外通告を振り返る】今日の12球団プロ野球ニュース!! 梶谷�…

  2. 熱闘甲子園 2018 プロ野球ニュース 2018年8月21日

  3. プロ野球ニュース ⚾️ 9月19日 プロ野…

  4. 【発売直前】『プロ野球 ファミスタ エボリューション』実機プレイ【もぎ…

  5. 平日にプロ野球観れる人って勝ち組過ぎるだろ

  6. 180630土巨人内海好投!“平野佳寿 新記録達成!“ロッテ ボルシン…

  7. プロ野球巨人の森福允彦、テレビで見た新メニューで自主トレ開始!?完全復…

  8. リアル野球盤のピッチングマシンをプロに入れたら、何勝するか前編【パワプ…

最近の動画

  1. パ・リーグTV

  2. プロ野球応援歌

  3. プロ野球ニュース

  4. プロ野球応援歌

  5. プロ野球ニュース