プロ野球ニュース 巨人 貢献度高い高橋&戸郷 切磋琢磨する同期コンビ

プロ野球ニュース 巨人 貢献度高い高橋&戸郷 切磋琢磨する同期コンビ
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

ついに、巨人が4月1日以来150日ぶりの首位に返り咲いた。リーグ3連覇が懸かる今季、ここまで多くの故障者を出しながらも粘りの戦いを見せている。特に貢献度が高いのが高橋優貴(24)と戸郷翔征(21)の両投手。4学年違いだが、18年ドラフトで入団した同期コンビだ。
前半戦では2人で計17勝を挙げた。高橋に関しては、昨季は左肘痛の影響で1勝どまりだったが、今季は前半戦で9勝をマーク。前半戦8勝の戸郷は「ちょっと悔しいけど、そうやって同期で(勝ち星を)争えると思ってなかったので僕もうれしい。そういう戦いができることに一番感謝」と話していた。
両投手とも後半戦に入ると苦しい投球が続いていたが28、29日の中日戦ではきっちりチームに貢献した。28日に先発した戸郷は球威もあり制球も安定して、8回3安打1失点の快投。打線の援護がなく試合は引き分けに終わり、勝敗は付かなかったが「チームのために勝てれば一番でしたけど、なんとかいいゲームができたかな」と振り返った。
同期から良い流れを受けた29日の高橋は5回無失点で10勝目。左足をつるアクシデントも乗り越えて自身初の2桁勝利を挙げた。一方で、5イニングで100球を投げ3四球だったことに「僕の中で(調子が)良くないと思っていた。でも良くない中でも投げないといけないのがピッチャー。まだ課題のほうが多い。1年間競争だと思ってやっている」と気を引き締めた。
ただ、この試合は自身の勝ち星だけでなく、バットでも今季38打席目での初安打となる適時二塁打を放った。投手練習が行われるジャイアンツ球場で、たびたび一緒に打撃練習を行っている高橋と戸郷。戸郷は5月25日楽天戦で、3年目にしてプロ初安打を記録。シーズン初安打で先を越されたことについて質問すると、入団から3年間で毎年安打を打っている高橋は「あいつは去年、打ってないので」と冗談っぽく張り合った。
身近に競争する相手がいることは、お互いのレベルアップにつながるはず。若い2人が切磋琢磨(せっさたくま)していけば、チームの未来は明るい。(記者コラム・田中 健人)

関連記事

  1. 8/9【巨人vs 阪神】1回裏 重信のタイムリーヒットで3塁マルティネ…

  2. <プロ野球>デスパイネ待望の今季1号 ソフトバンク(毎日新聞)

  3. 【悲報】韓国メディアがロサリオが通用しない理由を分析した記事、韓国で最…

  4. 「プロ野球 」「しんどかった」阪神・金本監督が辞任…球団から勧告 矢野…

  5. U18 アジア野球選手権2018「日本 vs. 韓国」- ハイライト …

  6. 横浜DeNA x 広島 ハイライト 2018年8月4日 【プロ野球ニュ…

  7. 5月1日 プロ野球 全試合ダイジェスト(セリーグ・パリーグ)&清宮選手…

  8. 2018.05.18 プロ野球速報 [DeNA 3-6 巨人, 阪神 …