【高校野球】学法石川17点リードも3回降雨ノーゲームで再試合プロ野球ニュース 【高校野球】学法石川17点リードも3回降雨ノーゲームで再試合

プロ野球ニュース 【高校野球】学法石川17点リードも3回降雨ノーゲームで再試合
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

◆高校野球秋季福島大会▽南支部大会決勝 学法石川20-3光南=3回終了時降雨ノーゲーム(4日・さつき公園)
福島県南支部大会決勝が行われ、学法石川が20―3と光南をリードした3回終了時で降雨ノーゲームとなった。再試合はきょう5日午前10時から行われるが、今夏の甲子園で降雨ノーゲームやコールド試合をめぐり、日本高野連が継続試合の検討を表明したばかり。学法石川・佐々木順一朗監督(61)は「17点リード」を引きずらないよう、2年連続の支部優勝へ切り替えた。
20得点も17点リードも1本塁打含む11安打も、学法石川の全てが雨に流された。20―3で迎えた3回終了時の午前11時28分に中断。両校ナインらがマウンドと打席に土を入れるなど修復作業を行ったが、天候の回復が見込まれず、11時59分にノーゲームが宣言された。
降りしきる雨の中、7時頃から整備し、予定より50分遅れの9時50分にプレーボール。だが、投手は制球が定まらず光南は11四死球を与え、打球が弾まずトンネルするなど両軍がエラー。約1時間30分プレーした末、やり直しの再試合となり、学法石川・佐々木監督は「しょうがないでしょう」とぽつりとつぶやいた。
約30分の中断時間、ベンチで試合再開を待つ選手たちにあえて「高校野球の現状」を説明。2試合ノーゲームとなった今夏の甲子園に触れながら、現行のルール上は17点差も幻となること、世の中で継続試合が議論されていることを話した。
「選手たちを冷静にするためです。こういうときは得てして(再試合で)逆の展開になるので」と佐々木監督。仕切り直しの必要性を説いただけでなく、「高校野球は今後変わるかもしれないよね」と期待も込めた。しっかり切り替えて、再試合でも結果を出すだけだ。(小山内 彩希)

関連記事

  1. 熱盛甲子園 2018年8月8日 第4日 ! 第100回全国 高校野球…

  2. 180310(土) | プロ野球 | 読売ジャイアンツ プロ野球熱ケツ…

  3. 2018年9月8日(土)プロ野球ニュース | プロ野球ニュース 201…

  4. 2018/12/05 スポーツニュース – プロ野球ニュ…

  5. プロ野球ニュース, 今日のハイライト, アリゾナメンバー発表

  6. 【プロ野球】山田哲が逆転3ラン 尊敬する柳田の前でアーチ 燕6連勝、タ…

  7. プロ野球ニュース ⚾️ 9月16日 福岡…

  8. 【プロ野球】2018年8月1日 報道ステーション