阪神タイガース】木浪聖也 応援歌【プロ野球】

(出典:けさらんぱさらん様)

選手としての特徴
強肩や安定した送球、高い身体能力を生かした守備範囲の広さを持ち味とする堅守の遊撃手で、内野全ポジションをこなすユーティリティー性も持ち合わせる。

打撃では、打球を広角に打ち分ける技術とパンチ力を武器とする。2020年シーズンでは安打の内訳として左翼22本、右翼24本と左打者としては割合的に逆方向へのヒットが多いが当シーズンの監督である矢野は「もう少し引っ張ったほうがよい打球が出そう」という理由からプルヒッティングも取り入れた打撃を命じながら指導している。

人物・エピソード
野球との出会いは3歳の頃から始めた、草野球の選手である父とのキャッチボールである。もっとも、父の都合などでキャッチボールができない時には、自宅近くのブロック塀にボールを当ててから捕球する「壁当て」を日課にしていた。「壁当て」で内野守備の基本姿勢が身に付いたことから、小学1年生ながら実父の所属するチームの守備練習へ参加した時には、誰も教えていないはずのショートバウンドを難なく捕球するほどにまで守備の技術が上達していたという。後に所属する「安田ヤンヤン少年野球チーム」では、投手を務めながらも「内野の守備が好き」という理由で投手から内野手に転向した。

小学4年時からは陸上競技部にも所属。100m走で14秒台を記録していた他、青森市の陸上競技大会の同種目で2位に入るなど俊足を発揮していたという。

青森山田高、亜細亜大時代はいずれも公式戦での本塁打は無かったが、Honda入社後、西郷泰之ヘッドコーチの指導の下で取り組んだ下半身強化とフォーム改造によって長打力を向上させ、公式戦通算24本塁打を記録するまでに成長を見せた。

松坂大輔とは、青森県にある二神産婦人科で出生したという共通点があり、阪神への入団会見では松坂を対戦したい投手に挙げた。

プロ1年目として迎えた2019年の開幕戦において、「1番・遊撃手」として同じく新人の近本(「2番・中堅手」)と共に先発出場を果たした。阪神の新人選手2人による開幕戦スタメン出場は1972年の中村勝広・望月充以来47年ぶりの出来事であり、1番打者・2番打者としての出場は球団史上初。

2019年オフに大学時代に知り合った東京都出身の一般女性と結婚したことを発表した。

関連記事

  1. 糸原健斗 応援歌 東京ドーム

  2. プロスピA 鳥谷敬応援歌

  3. 【プロ野球応援歌】 阪神タイガース 2021年シーズン 新選手個人応援…

  4. 横浜DeNAベイスターズ2020 1ー9+監督応援歌メドレー(ハモリあ…

  5. 【3rd】プロ野球風オリジナル応援歌セレクション【VOCALOID】

  6. 【歌詞付き】楽天イーグルス 足立祐一選手 応援歌 2018.3.4

  7. 輝く応援歌で1-9

  8. 【阪神タイガース】佐藤輝明 応援歌【プロ野球】