【シャドーロールの怪物】1994年に活躍した馬で1-9 【プロ野球応援歌勝手に流用】

(出典:バリアプレミアム様)

訂正 ノースフライトの歌詞
小谷野栄一→ノースフライト

1994年の軽い解説
※訂正や他に気になった馬がいましたらコメント欄にぜひお書きください。

この年は「シャドーロールの怪物」ことナリタブライアンが圧倒的な強さで史上5頭目の牡馬クラシック3冠馬に輝きました。その後挑んだ有馬記念でも6連勝で駒を進めた同期のヒシアマゾンや前年の天皇賞馬ライスシャワー相手に圧勝。この時代を象徴する馬となりました。
この年のパフォーマンスから本馬を史上最強馬に挙げる人も少なくありません。

牝馬戦線は前述のヒシアマゾンが大きな注目を集めました。外国産馬である点からクラシック競走には出走できませんでしたが、クイーンCから無傷の6連勝で当時の牝馬クラシック3冠目エリザベス女王杯を制覇。続く有馬記念ではナリタブライアンにこそ敗れたものの他の馬を圧倒し2着に。
この古馬王道路線の牡馬に引けを取らない末脚や強さから「女傑」と呼ばれるようになります。
クリスタルCはこの馬の豪脚を象徴するレースになってますね。

ちなみに桜花賞はオグリキャップの妹として有名なオグリローマンが、オークスはエリザベス女王杯でヒシアマゾンに鼻差まで迫ったチョウカイキャロルが制しています。

続いて古馬戦線。春はビワハヤヒデがその頂点に君臨。天皇賞春、宝塚記念の春古馬G12冠制覇。特に宝塚記念では2着馬アイルトンシンボリに5馬身差を付ける圧勝。弟ナリタブライアンとの対決が熱望されました。
しかし、天皇賞秋で5着に敗れた後に屈腱炎が発覚。そのまま引退となり、兄弟対決が実現することはありませんでした。

天皇賞秋はネーハイシーザー、ジャパンカップはマーベラスクラウンがそれぞれ制覇。どちらも伏兵評価での勝利で世間を沸かせました。

短距離・マイル戦線はノースフライトとサクラバクシンオーが注目を集めました。
安田記念、マイルCSはノースフライトが制しニホンピロウイナー以来の春秋マイル王に輝きます。この時のパフォーマンスが圧巻であり、歴代最強マイラーに挙げる人もいます。

スワンSではサクラバクシンオーがこのノースフライトに勝利。この時のタイム1.19.9は日本レコードであり、阪神競馬場のレコードタイムとして2017年まで破られませんでした。
そしてラストランとなったスプリンターズSでは2着馬ビコーペガサスに4馬身差を付ける大圧勝。
未だに歴代最強スプリンターの1頭として語り継がれています。

2歳戦線はフジキセキとヤマニンパラダイスがそれぞれ圧倒し最優秀3歳馬に。特にフジキセキはその次の弥生賞を勝利後、故障が発覚し無敗のまま引退。その後は種牡馬として日本競馬界に大きく貢献しました。

そしてナイスネイチャについても触れておきます。1991年の鳴尾記念で勝利後、なかなか勝ち星に恵まれず。3着が多かったことからブロンズコレクターとも呼ばれた本馬でしたが、高松宮杯では前述のマーベラスクラウンやスターバレリーナとの大接戦を制し、見事2年7カ月ぶりの勝利。多くの感動を呼びました。

他に気になった馬がいましたらぜひコメント欄に書いてください!
そしてぜひウマ娘ファンの方も是非調べて、レースを実際に見てみてください!

応援歌1-9

1番 ノースフライト 日本ハム 小谷野栄一
2番 サクラバクシンオー 西武 片岡易之
3番 ヒシアマゾン BCオセアン滋賀ユナイテッド 纐纈英騎
4番 ナリタブライアン 巨人 坂本勇人
5番 ビワハヤヒデ 西武 栗山巧
6番 ネーハイシーザー 近鉄 藤井彰人
7番 マーベラスクラウン 西武 森友哉
8番 チョウカイキャロル 日本ハム 清水優心
9番 スターマン ロッテ若手汎用
   オグリローマン
   エアダブリン
   ヤマニンパラダイス 
代  フジキセキ dena 石井義人
   ナイスネイチャ 楽天 藤田一也
情報や編集に誤りがあったらごめんなさいm(__)m

編集 Aviutl

※この動画は今後伸びても収益化はしません

関連記事

  1. 【パス有】プロスピA 山本浩二(広島東洋) 応援歌

  2. リコーダーで応援歌(阪神 サンズ選手)

  3. 坂本勇人登場曲「応援歌あり」

  4. 【MIDI】プロ野球新選手応援歌2015(セリーグ編)

  5. プロ野球スピリッツ2015 🔥パリーグ連覇へ'…

  6. 実況パワフルプロ野球2018 応援歌 夏疾風

  7. BEGIN「オジー自慢のオリオンビール」応援歌ver.eBASEBAL…

  8. 【プロスピa】THE BLUE HEARTS TRAIN-TRAIN…

最近の動画

  1. 高校野球ドットコム

  2. パ・リーグTV

  3. プロ野球ニュース

  4. プロ野球ニュース

  5. プロ野球ニュース