プロ野球ニュース 球速20キロ増のドラ1、12球団が羨む“打てる捕手” 楽天の「プロスペクト5人」

プロ野球ニュース 球速20キロ増のドラ1、12球団が羨む“打てる捕手” 楽天の「プロスペクト5人」
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

■覚醒前夜の若手を独断で選出…厚い選手層を打ち破る有望株は現れるのか
2022年の楽天は、貯金「18」から急ブレーキで借金「2」の4位に終わった。一方で、石井一久監督が2022年まで兼任していたGMとして、ドラフトで指名してきた有望株たちが着実に力をつけている。1軍の戦力層は厚いが、一気にスターに駆け上がるポテンシャルを秘めた若手がズラリ。プロスペクトの「トップ5」を“独断”で選出してみた。
5位は、高卒4年目を迎えた21歳の武藤敦貴外野手。2022年は1軍で43試合に出場して打率.250、1本塁打、9打点、OPS.698と経験を積んだ。2軍では46試合に出場して打率.336、3本塁打、13打点、OPS.917と圧倒的な数字を残しており、すでにやることはないだろう。右翼の開幕スタメンをもぎ取って、レギュラー定着の可能性は非常に高い。4位は2021年ドラフト1位の吉野創士外野手。今季は2軍で打率.197とまだまだ粗削りだが、19歳ながら打球を飛ばすポテンシャルはずば抜けている。
3位には、2年目を迎えた「エンジゴジラ」こと安田悠馬捕手を推したい。2022年はロッテとの開幕戦に「8番・捕手」としてフル出場し、新人捕手の開幕戦先発は球団史上初の快挙となった。開幕4試合目ではプロ初本塁打も放ったが、3月31日に新型コロナウイルスの陽性判定を受けて無念の離脱。その後の昇格はなく、2軍で経験を積むことになった。イースタンでは30試合で打率.257、4本塁打、15打点、OPS.851。「打てる捕手」という存在自体が貴重なため、コンバートせずに育てたい。
並々ならぬスター性にファンもすでに気づいている「天才」を2位に挙げる。2019年ドラフト2位の黒川史陽内野手は、高卒ながらルーキーイヤーに1軍キャンプを完走すると、9月に1軍デビューして犠飛で初打席初打点をマークした。ゆくゆくは遊撃手として長くレギュラーを務める選手になるだろうが、今季は2軍で94試合に出場して打率.262、6本塁打、50打点、OPS.702と、過去2年に比べると成績を落としているのが気がかり。定位置奪取のためには、まずは2軍で圧倒的な打撃成績を残したい。
栄えある1位は、2022年ドラフト1位の荘司康誠投手を選びたい。すでに即戦力として開幕ローテーションを狙える力があると同時に、さらに成長すればエースの座を射止める伸びしろもあるからだ。188センチの長身から最速157キロの直球とカットボール、スプリットを駆使して三振を奪う。大学入学時の球速は130キロ前後だったが、約20キロの大幅アップを成し遂げており、160キロも夢ではないだろう。東京六大学リーグでは、4年時に15試合で3本塁打をマークしており、交流戦では打撃も必見だ。
この5人以外にも、才能ある若手は多い。特に投手は、アピール次第ですぐにでも1軍の戦力に食い込んできそうだ。野手は12球団でもトップクラスの戦力層を誇り、すぐに世代交代とはいかなさそうだが、まずは2軍で結果を出していきたい。2013年以来となる優勝、そして常勝軍団を作っていくためには、補強だけではなく若手の底上げが必須だ。(Full-Count編集部)

関連記事

  1. プロ野球伝説2018 特別編 読売巨人軍 坂本勇人 1500試合出場

  2. 180725(水) 今日のプロ野球試合結果 巨人ヤングマン登板

  3. 【プロ野球】印象的なプレー、アッー!、野球クイズ【ドラゴンズ】

  4. 2018/9/13 巨人 vs ヤクルト Highlights | プ…

  5. 2018年10月18日 プロ野球ニュース | きょうの熱盛 ・CS フ…

  6. 【現役】三大フルネームでしか呼ばないプロ野球選手

  7. 【日帰り弾丸ツアー】野球を観に仙台まで行ってきた!【vlog】

  8. 5月13日(日)プロ野球ハイライト「松坂3回途中降板 巨人対中日・De…