プロ野球ニュース 「詐欺じゃないか」 周囲は心配も単身で渡米…40歳でマイナーに挑戦した両投げ投手

プロ野球ニュース 「詐欺じゃないか」 周囲は心配も単身で渡米…40歳でマイナーに挑戦した両投げ投手
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

■LAでの合同トライアウトに参加…左右で投げインパクト残すも「不合格」に
思いついたら、行動する。“スイッチピッチャー”としてプロ野球で4年間プレーした近田豊年氏は他の人が考えないようなことにも果敢にチャレンジした。「40歳と42歳の時にアメリカでトライアウトを受けたんです」。阪神を退団、引退したのが25歳で、実現しなかったものの38歳の時には楽天入りを真剣に画策した。それだけでも仰天発想だったが、マスターズリーグでのプレーを経て、今度は米国に目を向けたのだ。いったい何がそうさせたのか。きっかけは何だったのか……。
楽天・田尾安志監督から練習参加を断られた近田氏は、その後、ゴルフのレッスンプロ兼マスターズリーグでのスイッチ投手の“二刀流生活”に突入した。「右も左もめっちゃ投げられるようになったなと思いました。そんな時にケータイかなんかで(米国)30球団の合同トライアウトっていうのを見つけたんですよ」。これに興味を持った。「交渉人みたいな人に頼めばエントリーして、飛行機の手配などもしてくれるとあったんで、書いてあった連絡先に電話したんです」
それが締め切り2日前くらいだったという。「お金は30万円くらいかかったと思います。電話したら、翌日の夕方までに振り込んでくれと言われました」。その通りにしたという。「周りから詐欺じゃないかと心配されました。でも、チケットもちゃんと来たんです」。トライアウトが行われるロサンゼルスに単身乗り込むと、空港には連絡を取り合った人が待っていた。「めっちゃ、いい人でした。泊まりは別荘みたいな一軒家でした」。
そこには近田氏以外にもトライアウトを受ける3人の日本人がいた。「高校生と社会人野球の子と草野球をやっていた人。もちろん、僕が一番年上でしたけどね」。球場に行くと受験者は何百人もいたという。「ピッチャーは投球練習だけでした。遠投とか走るのもあるのかなって思っていたけど、なかったですね」。当初は相手にもされていなかった。「僕の年齢を見た瞬間に、ああって感じになっていたのがわかりましたね。でも、両手で投げ始めたら変わったんです」。
左で15球、右で15球くらい投げた。「周りがざわついていました。(トライアウトには)お客さんもめっちゃいたので、すごく……」。それでも結果は不合格。最終的にはやはり年齢がネックになっていたという。でも、チャレンジはまだ終わらない。次は41歳で独立リーグ・北信越BCのテストを受けて不合格。「あまり覚えてないんですけど、確か、場所は西武球場。両手で投げたと思いますね」。そして42歳で米国のトライアウトに再挑戦してアウトだった。

現在は「駅前ゴルフスクール」校長を務めている近田豊年氏【写真:山口真司】
■米国で2度、日本の独立Lで1度テスト参加「根本は野球が好き」
「根本はやはり野球が好きってことでしょうね」と近田氏は笑みを浮かべる。いずれの挑戦もゴルフインストラクター業務を続けながらだったが「楽天も、アメリカも、独立リーグも、もしも合格していたらゴルフをやめるつもりでした。レッスン生の人たちにも、そうなったらやめます、すみませんと言いましたよ。みんな、頑張ってねみたいな感じで送り出してくれたんですけどね」と言う。そして大胆な行動はまだ続くのだから、恐れ入る。
「社会人の関電グループ硬式野球クラブに自分から連絡しました。42歳ですけど、まだ選手でいけるでしょうかってね」。投手兼コーチで加入した。これもゴルフとの“二刀流”。「野球は週3回、あとはゴルフのレッスンという生活でした」。スイッチピッチャーも続けた。試合でも投げた。さらにはコーチ業でも結果を出した。近田氏のゴルフレッスンはデータ、数字を駆使して教えるものだが、それを投手指導にも応用したらうまくいったという。
「毎回50球投げて、何球ストライクが入ったかをデータに取った。投げ方は好きなようにやっていい。とにかく月ごとにストライク率が高い人をエースにしますという方針も打ち出してね。これをちゃんとやった子は3か月後、140キロの球を投げ出しました。コントロールだけ気にしたらスピードが上がった。動きに無駄がなくなったんです」。そんな生活は48歳まで続いたそうだ。
現在、関西でトップ規模の18店舗、会員数2500人を誇る「駅前ゴルフスクール」の校長を務める近田氏は57歳になった。「このゴルフスクールは49歳の時に始めました。教えるというより、サポート。気持ちよく来てもらって、気持ちよく帰ってもらう。インストラクターにはとにかく笑顔でっていうのを研修しています」。驚くことに、それでもなお野球も続けていた。まだスイッチピッチャーでもあった……。(山口真司 / Shinji Yamaguchi)

関連記事

  1. 【プロ野球試合結果】6/30 内海先発2勝目!/プロ野球ニュース

  2. 180411大谷翔平特集~大谷家のルール・高校生~プロ野球までの伝説

  3. 【プロ野球ニュース】2018年11月15日

  4. 【毎日阪神・プロ野球ニュース】2022/5/12 雨天中止&…

  5. 実況パワフルプロ野球2018 ペナント 阪神タイガース GMプレイ 1…

  6. プロ野球2019ペナント順位予想!やっぱ巨人⁉︎【セリー…

  7. 巨人 ドラ1契約金1億の男、鍬原!すでに速い真相が驚愕【速報と裏話 プ…

  8. 松井に復調気配=プロ野球・楽天(時事通信) – Yahoo…

最近の動画

  1. 高校野球ドットコム

  2. プロ野球応援歌

  3. プロ野球応援歌

  4. プロ野球ニュース

  5. プロ野球応援歌