プロ野球ニュース 【広島】坂倉将吾を独占直撃 若ゴイが明かす「理想の捕手像」と鈴木誠也の「教え」

プロ野球ニュース 【広島】坂倉将吾を独占直撃 若ゴイが明かす「理想の捕手像」と鈴木誠也の「教え」
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

2023年は再挑戦の年になりそうだ。広島の坂倉将吾捕手(24)にとって22年は間違いなく飛躍の一年だった。自身初めて、そしてチームで唯一、全143試合に先発出場。打率は2割8分8厘だったが、16本塁打は自己最多、68打点も自己最多タイの数字だ。119試合で三塁手として出場したが、来季は新井貴浩監督(45)も意向もあり、捕手に専念する。プロ7年目を迎える若ゴイが胸に秘める思いを聞いた。
――22年を振り返ると?
坂倉 全試合に出られてケガもなく終わったので、そこに関しては「まあ良し」という感じですね。成績に関してはチーム的にも個人的にもダメだと思います。ダメというか納得いってないです。
――どこが?
坂倉 打率と打点ですかね。低くはないとは思うんですけど、前年の試合数と今年(22年)の試合数と打席数と加味して伸びてないなと。
――打率3割はいきたかった?
坂倉 そうですね。3割がすべてじゃないと言えばそうかもしれないんですけど、もう少し高い数字を。前年に(成績を)残してただけに、そこに少しでも近づけたかったという気持ちはあります。
――改めて捕手転向の経緯を
坂倉 新井さんと話す機会を(秋季練習で)設けていただいて。新井さんの意見を言っていただいて「俺はこう考えてる」と。そこに納得したので「それでお願いします」という感じで。
――捕手で出ない試合はどうするのか?
坂倉 その時は代打待機というか、休みもちゃんと取りながら。(試合に)どういう比率で出るかわからないですけど、という話ですね。
――話を聞いてどう思った?
坂倉 簡単に転向して「はい、レギュラー」というわけには。そんな簡単なポジションじゃないと思う。もちろん納得しましたし、覚悟というか身が引き締まりました。
――試合に出られない可能性も考えた?
坂倉 はい。それは勝負の世界ですし、そんな甘い考えではないので。
――目指す捕手像は?
坂倉 やっぱり勝ちたい、勝てる人だとは思いますね。(例えば)強いチームで、打って守ってやってたという人では阿部(慎之助)さんとか。この世界に入って尊敬が高まりました。もちろん会沢(翼)さんも3連覇の時に打てる捕手でしたし、そういう人たちには尊敬の気持ちですね。
――捕手への気持ちを持ち続けていたのは?
坂倉 4年目に捕手で(試合に)たくさん出て、5年目もそれなりに出たので、勝つ喜びというか。捕手として勝つ、その喜びともちろん悔しさ、疲れ、いろいろありますけど、その喜びをちょっと替えられないなという僕の価値観というか…このポジションで優勝したらと思うと、やっぱり(捕手を)辞めたくない、そこが強かったです。

関連記事

  1. 【野球 ラジオ】金村義明 語る!! 西武ライオンズ 開幕8連勝 強過ぎ…

  2. 村上宗隆選手が初の実戦で豪快なホームラン!東北楽天との練習試合を実施 …

  3. 2018/9/05 プロ野球ニュース | プロ野球ニュース 2018

  4. 180307(水)ダル初先発・中村奨成本拠地デビュー・清宮試練・雄星3…

  5. <プロ野球>広島4連勝 阪神逆転負け(毎日新聞)

  6. 【プロ野球ニュース】イチローマリナーズ復帰会見!すべてをこのチームに捧…

  7. 「逆方向のホームラン」で思い浮かんだ選手【野球】

  8. 【緊急生配信】『プロ野球ニュース』読売巨人軍・ ドラフト結果発表!Vo…