プロ野球ニュース 新年初の30球団パワーランキング 1位アストロズ、2位メッツ、大谷のエンゼルスは17位

プロ野球ニュース 新年初の30球団パワーランキング 1位アストロズ、2位メッツ、大谷のエンゼルスは17位
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

MLB公式サイトが2日(日本時間3日)2023年度初のパワーランキングを発表。1位はローテーション候補6人と先発陣の層が厚く、サイヤング賞投手のジャスティン・バーランダー(39)を必要としないほどの強力投手陣を持つアストロズだった。
2位はメッツでFA補強に成功、22年も101勝を挙げたことが理由。3位のブレーブスはトレードでショーン・マーフィー捕手(28)を獲得しただけだが、オジー・アルビーズ内野手(25)やロナルド・アクーニャ外野手(25)ら実力派の若手が揃っており、彼らがケガなく活躍できれば十分メッツに対抗できるから。
4位・パドレスは昨季、同地区のドジャースに22ゲーム差を付けられたが、ザンダー・ボガーツ内野手(30)の獲得で破壊力抜群の強力打線になった。一方で先発ローテーションの中にはダルビッシュ有(36)など、契約最終年の投手が複数いるだけに、23年がチームにとって勝負の年になるかもしれない。5位はヤンキースで左腕カルロス・ロドン(30)の加入で、リーグ最強のローテーションになる可能性があるから。こちらは打線の微調整が必要となっている。
6位以降はフィリーズ、ドジャース、マリナーズ、ブルージェイズ、レイズの順。大谷翔平投手(28)が所属するエンゼルスは17位、前田健太投手(34)のツインズは18位、鈴木誠也外野手(28)のカブスは19位、吉田正尚外野手(29)のレッドソックスは23位となっている。

関連記事

  1. 2018/10/14 プロ野球ニュース. プロ野球ハイライ.今日のプロ…

  2. NHK ニュース 7 2018年7月21日

  3. プロ野球ニュース 【MLB】マ軍移籍の菊池雄星がパパに! 夫人がブロ…

  4. 【セ・リーグ】前半から見える”各チームの課題”…

  5. 【野球】U18日本代表 愛湾に3-1で敗れて決勝に進めず!

  6. プロ野球ニュース 日南市、沖縄市…どこでも熱い声援が飛ぶ人気球団・広…

  7. 2018/9/24 大谷翔平 ハイライト – エンゼルス …

  8. 【プロ野球】日4-0西 加藤貴之が5勝目